葬儀に行くことに迷ったら、行こう

葬儀費用に関する基礎知識

葬儀に行くことに迷ったら、行こう 葬儀にかかる費用の総額は、地域や葬儀プランなどによって変わりますが、全国平均としては200万円程度が相場だと言われています。その内訳を大まかに3つに分けると、葬儀本体費用が120万円程度で、飲食接待費用が35万円程度、そして寺院費用(お布施)が45万円程度になります。「葬儀本体費用」は、葬儀社が見積もりを行った料金がほぼそのまま反映される費用のことで、葬儀全体の中では最も高額になる傾向があります。また、葬儀社の広告などで示されている各葬儀プランの料金は、この葬儀本体費用のことを指している場合が多いため、葬儀全体にはその他の費用も必要になるということを知っておく必要があるでしょう。

さらに細かい費用に関しては、心づけや、遺体搬送費用、通夜ぶるまいの費用のことを知っておくとよいでしょう。「心づけ」は、葬儀でお世話になった人に渡すチップのようなもので、世話役の人には5千〜1万円、そして近所から手伝いに来てくれた人には2千〜3千円程度渡すのが相場だと言われています。そして「遺体搬送費用」に関しては、10km単位で料金が変わるという特徴があり、都内だと10kmで1万2千円程度、30kmで1万7千円程度の料金になります。さらに「通夜ぶるまい」で出す料理の費用は、一人あたり2千〜3千円程度が相場です。