葬儀に行くことに迷ったら、行こう

葬儀を行う会場の種類

葬儀に行くことに迷ったら、行こう 葬儀を行う会場にはさまざまな種類がありますが、最も代表的なものとしては「葬儀社が運営している斎場」が挙げられます。機能的に充実しているのが特徴で、宿泊施設や会食施設、そして僧侶などの控え室などが完備されている場合が多く見られます。ただし葬儀社の斎場を利用する場合は、基本的にその斎場を運営している葬儀社に葬儀を依頼することが条件になります。しかし貸し斎場の場合であれば、誰でも利用することができます。

次に挙げられる種類としては、「自治体が運営している公営の斎場」があります。同じ施設の中に斎場と火葬場が併設されている場合が多いというのが特徴で、ご遺体を移動する手間が省けるというメリットがあるほか、比較的安い料金で利用できるというメリットもあります。

他にも、寺院などの宗教施設や、自宅、そしてホテルなどで葬儀を行うことも可能です。「宗教施設」の場合は、寺院の本堂が利用されるほか、境内に斎場が設けられているケースもあります。そして「自宅」の場合は、斎場を借りる費用がかからないというメリットがありますが、会葬者を収容できる十分なスペースや駐車スペースの確保などが必要になります。さらに「ホテル」では、ご遺体の持ち込みができないなどの制限がありますが、お別れ会や偲ぶ会などで活用されています。