葬儀に行くことに迷ったら、行こう

従来とは違う、新しい葬儀スタイル

葬儀に行くことに迷ったら、行こう 従来の一般的な葬儀というと、仏教式で執り行われ、故人と関係があった人やご近所の人を含めた多くの人が参列するといったスタイルになります。しかし最近では、それぞれのニーズに合わせた新しいスタイルの葬儀も増えています。

まず挙げられるのが「家族葬」と呼ばれるもので、参列者を身内に限るといった密葬に近いスタイルが特徴です。また家族葬は、参列者を少なくできるため、葬儀費用を比較的安く抑えられるというメリットがあります。さらに、費用をできるだけ安く抑えられるものとしては「直葬」と呼ばれるものがあります。直葬は、通常行われるような儀式を省略して、基本的に火葬のみを行うというスタイルになるため、費用が格安になります。また他にも、通夜だけを省略するという「一日葬」と呼ばれる葬儀スタイルもあります。

そして、仏教式といった従来の形式にとらわれないものとしては、「自由葬」と呼ばれる葬儀スタイルが挙げられます。自由葬は、自分で葬儀をプロデュースするというもので、故人の趣味や希望に添った葬儀を行うことが可能になります。また、特定の宗教形式を採用しないスタイルは「無宗教葬」と呼ばれ、自由葬の一種と考えられています。他にも、直葬を行った後に、海などの自然へ散骨を行うという「自然葬」と呼ばれるものもあります。