葬儀に行くことに迷ったら、行こう

葬儀は豪華にやるべきか否か

葬儀に行くことに迷ったら、行こう かつてムラ社会が存在していた頃、冠婚葬祭は集団のイベントとして扱われ、ムラの一員として個人がそれぞれ主役になっていました。人間誰しも最期を迎える時は来るわけで、特に葬儀を行う際はムラ中の人たちが別れを惜しんだでしょう。現代社会では団体よりも個人の主張が強くなり、冠婚葬祭は個別に行われるようになりました。これは経済的な面での独立や、集団の干渉を受けない生活の確立が関係しています。

地域によっては今も町内会などが主体となって行う豪華な葬儀が主流のケースもありますが、個別に小さな単位で行うのも珍しくありません。現代流に言わせれば、人は個として生きるのであり、送ってもらう際も家族単位でしてもらいたいと望むのは当然でしょう。盛大に葬式を行うのか、小ぢんまりと行うのがベストか、どちらもそれぞれ長所があります。

小規模の場合は経済的な負担や手間がほとんどかかりません。業者に頼む場合も最小限の連絡で済みますし、納骨などもスムーズに行われます。大規模に行う場合は故人の親しかった人たちをたくさん呼ぶことができ、送る側としてもメリハリがつくでしょう。経済的な理由、人的つながりなどの理由を考え、自分たちに適したやり方を選ぶのが一番です。